« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月23日 (金)

ロンドン・パリのお土産

今回のパリ・ロンドン旅行で孫が買ったお土産です。Dsc00892Dsc00888

定番のパリのエッフェル塔、そしてヴェルサイユ宮殿で買った大砲、ロンドン塔で買った甲冑と古式ピストル、シャーロックホームズ・ミュージアムで買ったホームズ像のカフスボタンです。

Dsc00889Dsc00887

Dsc00890

ひ弱に見えても、やはり男の子です! 

2010年4月20日 (火)

未だに欧州からの帰国便の再開が全くたっていません。

テレビでも報道していますが、いったいいつになって帰国できるのやら、、、、、
人ごとながら心配です。


知人の妹さんが、日本に一時帰国していたのですが、成田で行方不明になって3日間ほど連絡が取れなかったそうです。
やっと連絡が取れて、聞いたところソウルまで来て、そこで足止めをされているそうです。

今思えば孫と帰国出来て良かったです。
これが後10日も遅ければ、未だ
ロンドンに足止です

2010年4月16日 (金)

アイスランドの火山噴火の影響!

現在、アイスランドの火山噴火の影響で、ヨーロッパの各地の空港が閉鎖状態になっています。
先日、孫と二人が帰国の際に登場したロンドンの
ヒースロー空港も、もちろん閉鎖状態です。

Dsc00882

成田に到着した前日は、強風で飛行機が成田に着陸出来ず、名古屋や関西に着陸したとのことでした。
日本についてそのことを知ったときはホッとしました。
そして今度は帰国の際に搭乗した
JAL402便がヒースロー空港閉鎖で、飛び立つことが
出来ないとのことです。

Dsc00671

孫との旅行なので、これらの災難に遭遇せずに本当に良かったと思っています。
でも自分ひとりだったら、ホテルも食事もJAL持ちで、もう少しロンドンでゆっくりしたかったです
 

2010年4月14日 (水)

シャドウのユーザー車検!

昨日、習志野陸運事務所にシャドウの継続車検に行って来ました。
今回でユーザー車検は
3回目になるので、要領も分かっており、スムーズに終りました。

習志野は千葉と違って二輪専用レーンがあるので、空いており助かります。 Dsc00803  Dsc00805

検査に入る前に、近所のテスター屋で光軸の調整だけをやってもらいました。
検査レーンに入ってからは、スムーズに進み、無事に検査終了です。Dsc00804

新しい車検シールをナンバープレートに貼って、全て完了です。
これでこの夏は念願の
九州一周に行かれます。

2010年4月11日 (日)

4月1日、ロンドン最後の日!

日はロンドン最後の日です。 
19時15分JAL402便で日本に向います。

それまで孫の大好きなハリーポッターの映画のロケ地のOxfordを見学に行きます。
早い朝食をとって、トランクケースや手荷物をホテルに預かってもらい、 地下鉄のWest Brompton駅から熊のぬいぐるみでお馴染みの
Paddington駅に向いました。Dsc00757Dsc00707_2Dsc00709_2Dsc00752  Dsc00753

地下鉄から国鉄に乗り換え目的地のOxfordまでは約1時間です。
窓からの田園風景を眺めながら1時間、Oxfrd に到着です。 Dsc00711_2 Dsc00721 Dsc00713_2 Dsc00723_2Dsc00729_2Dsc00726

大学では有名な
Christ Churchを見学します。Dsc00730
重厚な建物の中はまさに
ハリーポッターの世界です。

自分たちのほかにも団体での見学も着てます。しかし日本人は自分たちだけらしいです。
ロンドン・パリはどこに行ってもあんなに日本人を見ましたのに、、、、Dsc00735

孫もハリーポッターの世界に満足して、ショップではお土産を購入しました。
近い将来、孫がこの
Oxford大学に留学することを夢見て、、、、Dsc00746Dsc00741

Oxfordからロンドン市内に戻ってまた、孫の希望でロンドンアイに足を運びました。
だが、チケットの発売所も乗降口も大行列で、残念ですが乗るのをあきらめました。Dsc00769

再度、タクシーでロンドン塔に向いました。でも道路は大渋滞でなかなかタクシーが進みません。
やはりロンドンは以下鉄を利用 するのが一番で すね!Dsc00767 Dsc00762Dsc00787
ロンドン塔で写真を撮ったり、買い物をしたりしてホテルに戻りました。
ホテルの途中の
South Kensington自然科学博物館の宇宙の催事です。
こちらも大行列でした。Dsc00778

ホテルのフロントにお礼をいってWestBrompton駅から地下鉄でHeathrow AirportTarmnals3駅に向いました。
途中、孫も大きく重いトランクとリュックを頑張って運んでくれました。

AirportについてJALのカウンターで登場手続きも無事終わり、しばらくの間館内で食事をして過ごしました。Dsc00792

飛行機は定刻どおりの19時15分、無事にフライトしました。
往復とも の直行便なので余り時間も気にせず、機内で過ごすことが出来ました。

成田には定刻の14時45分無事到着しました。
税関を通って、T/Cやポンド、ユーロを円に両替して、京成で帰宅の途に着きました。
我が家には無事到着し、孫とのパリ・ロンドン二人旅は無事に終了しました。

今回のためにわざわざ購入した英語・仏語翻訳機も一度も使用することなく、自分のブロークン・イングリッシュで何とか通じました。

孫はと言うと、結構いろいろなところで[sorryとかthank you]とか間髪を入れずに口にするようになりました
これを機会に臆せずにどんどんと世界に羽ばたいてもらいたいです。
今回の経験がきっと役に立つことでしょう!

3月31日、再び市内観光!

今日は、ツアーで同行したほかのメンバーが日本に帰国する日です。
自分と孫は個人的に
1泊滞在を延長しました。
あす、二人で帰ります。

朝、ツアーの一行とバッキンガム宮殿見学に行きます。 Dscf9994 Dscf9997

バッキンガム宮殿の後はロンドン三越まで行き解散し、そこでツアーのメンバーは帰国の途に着きます。

一日延泊した我々は、孫の頼みで再度シャーロックホームズ・ミュージアムに行くことにしました。
昨日も来たのですが、ミュージアム自体には入らなかったので、今日は中に入っての見学です。

ロンドンの地下鉄構内にはいたるところにこの「HelpPoint」があります。Dsc00674
行き先や乗換えが分からないといったときにスイッチを押すとすぐにガイドが対応してくれ、大変助かります。
勿論英語ですが、、、、、

ツアーと分かれて地下鉄でBakerStreetのシャーロックホームズ・ミュージアムに来ました。
5階建ての小さな建物は1階がスーベニールショップで2階以上にホームズの部屋を再現してあったり、物語の舞台を人形で再現してあります。
赤毛商会」や「ボヘミヤの醜聞」他にもありました。

Dsc00620Dsc00610 Dsc00615 Dsc00608

ミュージアムを出て、近くに日本料理店がありましたので、早速天麩羅定食とカツどん定食を頼みました。
6日ぶりの日本食です。店内は勿論外国人ばかりでした。

Dsc00578

日本料理の後はロンドンタクシーで、Abbey RoadのあるSt.jhon‘sWoodに向いました。
Dsc00632_2

丁度、女性がビートルのカバーと同じに渡っているところでした。これは反対側からのショットです。
自分も渡るところを孫に撮ってもらいました。

Dsc00640

その後はまた孫の希望でロンドン塔まで地下鉄で行きます。ロンドンの地下鉄は一日パス(ゾーン制)が大変重宝しました。

Dsc00643Dsc00655国会議事堂とビッグベン!Dsc00668 Dsc00700

Dsc00666

途中見かけたジャガーとベントレーのツーショットです。

Dsc00677_2

また、ロンドン塔に来ました。
4日間の滞在中に3回も訪れました。
Dsc00680Dsc00681

Dsc00692  Dsc00687Dsc00693

Dsc00695

ロンドン塔の見学で孫は武器や甲冑が大変興味を持ったようです。長い時間見てました。
そういえばヴェルサイユ宮殿で買ったお土産も
大砲と甲冑でした。
いつもひ弱だと心配していましたが、男の子なんですね!

孫がこのお土産ショップで、模型の古式ピストルを買ったのですが、 渡してくれません。
売り子が早口でしゃべっているので全く分かりません。
しかたなく責任者を呼んでもらってよく聞くと、模型でも飛行機の手荷物には入れられない、必ずトランクに入れて貨物室扱いで送ってください、、、と言うことでした。
テロ対策なんですね
Dsc00704

ロンドン塔見学の後はロンドンアイの夜景を見てホテルに戻りました。
いよいよ明日は最終日です。

明日はハリーポッターのロケ地のオックスフォードに行きます

2010年4月10日 (土)

3月30・31日はロンドン市内を!

30・31日はロンドン市内を回ります。
思っていた以上に寒くは無く、むしろ日本を出てきたとき以上に
暖かいです

Dsc00493 Dsc00496 

ホテルからバスに乗り、

Dsc00500

Dsc00671

Dsc00677

ウエストミンスター寺院、国会議事堂、バッキンガム宮殿を車窓から眺めます。あのハリーポッターの友人の女の子が、今ではバーバリーのモデルとして活躍しています。

市内を一回りした後、大英博物館の見学です。
Dsc00849

この広い博物館の中で、なんとジャガークラブ(JDOC)のおなじみのメンバーとばったり再会です。この地球上に66億人もの人間がいるのに、こういうこともあるんですね!Dsc00508 Dsc00514

Dsc00516 Dsc00851

ハリーポッターの「賢者の石」の中で登場するチェスのモデルとなったものだそうです。

昼食はインドレストランで本格的なカレー料理でした。でも大人でも辛すぎたくらいで、孫には大変でした。

Dsc00520 Dsc00521

昼食の後は自由行動となるので、孫の大好きなハリーポッターのロケ地を回ります。
映画でおなじみの
キングクロス駅の9・3/4番線のプラットフォームで記念撮影です。Dsc00833

その後はやはり孫の好きな「シャーロックホームズ・ミュージアム」です。
ミュージアムは地下鉄(英国ではSUBWAYと言わず
UNDERGROUNDと言います)で有名なベイカーストリートにあります。

ミュージアムでは孫が今年中学に入ると言うことで、ホームズのデザインのカフスを買いまDsc00573した。Dsc00620Dsc00594Dsc00583
今日は時間が無いのでミュージアムは見学せずに、お土産の買い物だけでした。また明日ゆっくり来ることにします。Dsc00581  シャーロックホームズ・ミュージアムと並んでビートルズショップがありました。
ビートルと言えば
ABBEY ROADが隣の町にあります。
明日にでも言ってみたいと思っています。

また近くには蝋人形で有名なマダムタッソーミュージアムもあります。
でも長い行列で3時間なので見学はあきらめました。

ところが5時過ぎにホテルに帰る途中に孫が言い出しました。
ホテルに帰ったら、今夜ロンドン塔に行く、、、」と言い出しました。
普段、ひ弱に思っていた孫ですが、少し見直しました。

夜7時半過ぎにホテルを出て、地下鉄で「ロンドン・アイ」と呼ばれるロンドン市内を一望に出来る大観覧車に着きましたが、既に8時半を回っていて、既に営業は終ってしまっていました。残念でした!

続いてタクシーで「Tower Hill」に向いました。やはりもう城内には入れず、外からの見学です。

Dscf9970_5Dscf9972_3続いて歩いてロンドンブリッジに向いました。
Dscf9961_2 日中は寒くは無かったのDscf9963で夜9時過ぎとなれば、本当に寒かったです。
ロンドンブリッジを対岸まで渡りきったところで、ダブルデッカー(有名な2階建てバス)に乗り込み、市内を高い2回から見物しながら、トラファルガー・スクウエアまで来ました。

 Dscf9984_2 Dscf9982_2

そこからは地下鉄でホテル近くのWest Brompton駅まで乗って帰ってきました 。
ホテルに着いたのは、もう
12時を回ろうとしていました。Dsc00783

改めて孫の頑張りに驚かされました!

2010年4月 8日 (木)

29日はユーロスターでロンドンへ!

  29日は夕刻、ユーロスターでロンドンに入ります。
それまで自由行動なので、孫の大好きな
「のだめカンタービレ」のロケ地を回ります。Dsc00436 

IBISホテルです。
同じ建物にはフランスの大手スーパーのカルフールや飲食街があり、SUSHI BARもあります。

ホテルを出て地下鉄でサンジェルマン駅に出ました。Dsc00389Dsc00395

サンジェルマンからオルセー美術館を回って、

Dsc00405Dsc00412

「のだめ」のロケ のカルーゼル橋(千秋がジョギングをします)を渡って、

ーブル美術館の 前を通ってコンコルド広場に出ました。

途中、道端にレンタルサイクルがありましたので、自転車で市内を回ると、疲れずに効率

Dsc00414

よく回れるでしょう!

コンコルド広場から、シャンゼリゼーの歩道のテラスでランチをして、凱旋門広場まで約2

Dsc00423Dsc00420

時間歩きました。凱旋門広場からは地下鉄でホテルまで帰りました。Dsc00431

その後、いよいよ
ユーロスターで英国に向います。
列車で行くにしても一応は
税関を通ります。

税関では他のツアー客がロンドンに3泊するのに、なぜ4泊するのだ、、、と
係官にしつこく聞かれました。
ハリーポッターのロケ地をに行くんだといってもなかなか分からなかったようです。
添乗員さんに代わってもらって、何とか無事に通関出来ました。

  Dsc00843Dsc00844_2

ロンドンはIBISホテル(4日間泊まります)に泊まります。
なかなか落ち着いた大きなホテルです。

Dsc00534Dsc00535

Dsc00483Dsc00486

28日はモンサンミッシェルへ!

28日は世界遺産のモンサンミッシェルに行きます。
パリから焼く350キロ近くあるそうで、
片道5時間以上かかりました。

Dsc00334 やっとモンサンミッシェルが見 えて来ました。

Dsc00340 Dsc00337

日本と同じような狭い参道の両側には、お土産屋が一杯でした。
その中のレストランで名物のオムライスが昼食です。

ふわふわしたメレンゲのかかった大きなオムレツが好評のようです。Dsc00343 Dsc00342Dsc00344
おなかが一杯になったところでいよいよ聖堂に登ります。
Dsc00867Dsc00353

現在、修道院に居るのは修道女7人、修道士が5人だけだそうです。

もともと高い岩山に築いた」とのことで 、かなり急なDsc00351Dsc00358 上りですDsc00865Dsc00360Dsc00362

Dsc00366Dsc00363Dsc00367 Dsc00369

Dsc00370Dsc00377

オベール司教がお告げを聞いてこの岩山 に建てたそうです。
塔の先端にはこの像が建てられています。

ベルサイユ宮殿!

27日、ルーブル博物館見学の後はベルサイユ宮殿の見学です。
今日のランチは
エスカルゴを前菜としたフランス料理でした。Dsc00259

これからヴェルサイユ宮殿を見学します。Dsc00260Dsc00861

  Dsc00262Dsc00860

ベルサイユ宮殿はまさに豪華絢爛でした。Dsc00264  Dsc00270  Dsc00276Dsc00287  Dsc00296 Dsc00273 Dsc00284Dsc00288_3 Dsc00318_2

27日パリ市内見学!

現地時間26日夕刻にパリのシャルルドゴール空港に到着し、市内のホテルに着きました。

ホテルはIBIS PORTEDE BERC Yといいます。Dsc00436Dsc00327
世界的な大きなホテルチェーンだそうです。
カルフールやショッピングセンターに隣接した建物で、買い物や食事も大変便利です。Dsc00177

窓の外にはセーヌ川が流れています。

翌27日はツアーのパリ市内見学です。
用意されたバスで定番のエッフェル塔と凱旋門・コンコルド広場を回ってルーブル美術館を回ります。Dsc00421Dsc00823 Dsc00191 Dsc00407 Dsc00206

Dsc00196 Dsc00834Dsc00202  Dsc00200Dsc00242Dsc00221_2  Dsc00234 Dsc00243Dsc00236 Dsc00208

見学を終えた後は,自由行動となったので孫と二人で、「のだめカンタービレ」のロケ地を回りました。
途中に乗ったタクシーの運転手は、底抜けに明るいそれこそパリジャンでした。Dsc00874

「のだめ」がフランス語を勉強するカフェ「ラ・ローズ・ド・フランス」や、マカロンに夢中になる有名なノートルダム寺院や、「のだめ」が渡った近くの橋「アルシュヴェシェ橋」や「のだめ」が千秋をとび蹴りする「サンルイ橋」を回りました。

ノートルダム寺院ではちょうど5時の晩鐘が響き渡っていました。Dsc00869
この後、
サンジェルマン付近の小道を歩きました。両側はカフェ・・・この時間はアルコールでしょう・・・が数多くあり、何処もパリジャンやパリジェンヌで一杯です。

この後、タクシーでホテルに戻りました。さすがに初日のせいか、今日は疲れました。

いざ出発!

Dsc00155

いよいよ孫と二人のパリ・ロンドン海外旅行です。

月26日、成田発JAL405のエクゼクティブシーです。Edxxt1643b1
座席は広いし、機内食は豪華だし、キャビンアテンダントは優しいし、まさに至れり尽くせりです。Dsc00157 Dsc00158Dsc00159 Dsc00165

シベリア上空です!

フライトはパリまでのノンストップ便で約12時間です。Dsc00171 パリのドゴール空港に着いたのは、日本時間の12時51分でした。 Dsc00172

2010年4月 3日 (土)

とりあえず、無事に帰ってきました!

昨日2日、無事にパリ・ロンドン旅行から帰ってきました。
とりあえず報告です。

ゆっくりと書き込みしていきます。Dsc00665

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ