« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月20日 (木)

1970年製 MG-B!

Dsc02959昨日は車屋の手伝いで陸運事務所にMGの車検に行ってきました。

1970年製ということで既に41年たっていますが、以前オーバーホールして全塗装もしてありますので見た目は立派です。

ただオーナーさんが普段乗っておらずこの2年間にたった400キロしか走っていません。
勿体話です。
まったく乗っていなかったためか、エンジンも不調で車検場のライン途中でまったくエンジンがかからなくなってしまいました。
原因はラインに入る前のテスター屋で排気ガスをチェックした際に、CO2を基準値内に収めるためにキャブレターをいじったためと思われます。
ラインから移動し2時間ほどあれこれと点火プラグを新品と交換したり、キャブレターの調整をしましたが、やはりだめでした。

とりあえず、だましだまして工場に引き返しあれこれチェックし、午後のラインで再度挑戦でした。

その結果、何とか検査をパスし新しい者検証を貰うことが出来ました。
古い車はなかなか難しいですね!



Dsc02962

2011年10月 2日 (日)

函館周遊!

9月29日から10月1日の2泊3日で函館に行ってきました。

今回は3年前の北海道旅行で行けなかった函館をゆっくりと回る予定でした。
29日の13時過ぎのJALは満席でキャンセル待ちが多く居ました。

そんな中、JALの案内放送で「ある事情により13時の飛行機を17時過ぎの飛行機に変更できる方を探しています。変更していただける乗客の方には現金10000円か、JALのマイレッジ7500点を進呈します」との案内でした。
JAL側のダブルブッキングが発生してしまったんでしょうか?

Dsc02830_2

飛行機は定刻通り出発し、函館空港に定刻通り到着しました。
飛行場近くのマツダでデェミオをレンタルし、トラピスティヌ修道院に向かいました。

ここは家内が今回一番訪問したかったところでした。
50余年ぶりにこのトラピスティヌ修道院を訪れた家内は、余りにも変貌してしまった修道院を嘆いていました。
ちょうど庭園の木々の手入れをしていた年配の庭師の方と昔を思い出して、長い間話をしていました。

Dsc02832

その後、市内に向かい、宿泊予定の函館駅前のロワージルホテルに入りました。
駅前でまだ新しく室内も広くきれいで良かったです。
有名な朝市も目の前でした。

Dsc02844

夕食を済ませた後、路線バスで函館山頂上に向かいました。
頂上から見る夜景は、まさに百万ドルの夜景そのものでした。

帰路の飛行機からまた違った夜景を見ることが出来ました。

Dsc02846

二日目は朝市の食堂で海鮮丼の食事をした後、車で市内の観光名所を回りました。

最初は五稜郭へ行きました。
御濠を渡り内部に入ると復元された
箱館奉行所が威容な姿で建っていました。
何か「千とちひろの神隠し」に出てくる湯殿のようでした。
その後は
五稜郭タワーに上って、函館市街を見渡しました。

Dsc02859

その後、旧イギリス領事館旧函館公会堂から教会群を回り、基坂、八幡坂、チャリチャリ坂他を回りました。
Dsc02866
Dsc02871

また、終戦後に樺太から帰国した経験のある家内のたっての希望で「北方民族資料館」や「樺太引き上げ者上陸記念碑」も回りました。

Dsc02886

その後、定番の赤レンガ倉庫街を回り、ショッピングをしました。
思ったよりお客さんは少ないようでした。

Dsc02895


三日目の最終日は、ゆっくりチェックアウトを済ませた後、函館山麓ロープウェイで山頂まで登りました。
昨夜の夜の函館市街地とはまた違った顔を見せてくれました。
Dsc02882

1時間ほど山頂にいて下に降りた後、5年前にバイクで北海道一周をした際に函館で泊まったライダーハウス「ライムライト」を探しました。
あの時と同じ「ライムライト」がありました。函館マップにも
掲載されていました。

その後、駅前近くの旧青函連絡船の「摩周丸」を見学しました。
家内の記憶では樺太から引き揚げた際に乗った船が「摩周丸」だったようだと言っていました。

船内では25号台風(洞爺丸台風)の悲惨なビデオを上映していました。
今回、はじめて知りましたがこの洞爺丸台風で函館湾では青函連絡船が洞爺丸の他に4隻も沈没し、尊い人命が失われたそうです。
この洞爺丸では家内の親戚が一人無くなっているようでした。
また、自分が最初に勤めた外資系会社の社長もこの遭難で無くなっています。

摩周丸の隣に「外車展示資料館」がありましたが、3年前に閉館したそうで、残念でした。

その後、また赤レンガ倉庫街に行き、昼食をとりショッピングアーケードを歩きました。
3年前に孫と北海道旅行をした際に、孫がお土産屋でモデルシップをあれこれと手にとって眺めていたことを思い出しました。恐らく、欲しかったんでしょう。

インフォメーションでモデルシップの置いている店を聞いて、その店で大きなモデルシップを孫へのお土産として買いました。
孫も喜んでくれるでしょう。

その後は、新撰組の土方歳三最後の地を回り、飛行機の出発時間までだいぶあるので、ゆっくりと見学をして飛行場に向かいました。
帰りの飛行機も満席状態でした。
離陸をした飛行機の窓から見えた函館市内の夜景は、函館山の山頂から見た以上に素敵でした。

飛行機は定刻より20分遅れで羽田に到着しました。
最初は京急・京成と乗り継いで帰る予定でしたが、娘からリムジンバスの事を教えてもらい津田沼まで帰りました。約40分ほどでした。
八千代台からタクシーで無事に我が家に着きました。
帰りはリムジンバスのおかげでゆったりとそして時間も早く帰ることが出来ました。

今回の2泊3日の旅は時間的に余裕もあってゆったりとした旅でした。
なお、今回のJALのフライトでマイレッジが15000マイルアップとなり、韓国往復搭乗券がもらえることとなりました。

次回は家内が今度は台湾に行きたいと言っていますので、台湾に行こうかと思っています。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ