« ソブリン420レストア日記① 「レストア開始」 | トップページ | ソブリン420レストア日記② 「エンジン始動」 »

2015年8月23日 (日)

AOC(アメリカンバイク・オーナーズクラブ)富士山ツーリング!

Photo
5月のビーナスラインツーリングに続いて、AOCの「富士山ツーリング」が昨日22日に開催されました。
1日目(8月21日)
自分は22日の予想される大渋滞を避けて、前日21日に山中湖キャンプ場でソロキャンプをすることにしました。
21日、キャンプ用品を愛車のシャドウに積んで12時過ぎに我が家を出ました。
平日とはいえ、やはり首都高は渋滞でした。
新宿まで普段は45分ですが、渋滞で約60分でした。
中央高速の「相模湖IC」で下道におり、バイカーの定番ルートの道志の道に向かいました。
しかし重量の重い車体にキャンプ用品を積んだシャドウにとっては、かなりきつい林間コースです。
次回からはひとつ手前の「相模湖東IC」でおり、一度走ったことのある メインルートで道志の道に向かった方が楽なようです。
Img_2911
道志の道に出てからは渋滞もなく、途中「道の駅 道志」で一休みです。
「道の駅 道志」を出て再び山中湖を目指しました。
道志の道は快適で、40分ほどで山中湖に到着です。
湖畔を回って、山中湖キャンプ場に4時前に到着です。
Photo_3
ここまで自宅を出てから105マイル168km)でした。
早速、キャンプ場に管理センターで、チェックインを済ませ、キャンプサイトの所定の場所でテントの設営です。
テントは1~2人用なので、小さく設営も楽でした。
設営も終わり近くのコンビニで食料の買い出しです。
Img_2913_4
今回も、付近のはスーパーがなく出来合いのものばかりでした。
キャンプ場は「文学の森」が隣にあり、大好きな「三島由紀夫文学館」がすぐ隣にありました。
Img_2928_2 
Img_2916
Img_2926
今、館内では特別企画として「三島由紀夫氏の書斎」を再現しており、愛用していた机に座ることもできます。
希望者にはスタッフが撮影をしてくれるそうでした。
今回は時間がないので、次回富士山に来た際にはゆっくり時間を取って、見学したいと思います。
「三島由紀夫文学館」の隣には「徳富蘆花文学館」もあります。
食事後は何もすることもないので7時過ぎには、テントで横になりました。
2日目 (8月22日)
翌朝の22日は、6時には目を覚まして付近の散策に行きました。
管理人さんの話では、今朝は珍しく雲のない朝だ、、、、と言っていました。
簡単な朝食を終え、テントを撤収しチェックアウトを済まし、今日のメンバーとの集合場所の「道の駅 すばしり」に向かいました。
道の駅には10分ほどで到着し、メンバーの到着を待ちました。
メンバーの集合場所は御殿場IC近くのカフェで、そこから順調であれば30分もかからないで到着の予定です。
しかし、夏休みの土曜日ということで大渋滞が発生しているのか、11時を過ぎても到着しません。
もしかすると事故かも、、、、、と心配もしました。
一方、今回も富山から参加するメンバーとは「道の駅 鳴沢」でも合流予定です。
11時半を過ぎてもメンバーは到着せず、大渋滞で12時になる少し前にやっとメンバーが到着です。
Img_2944Img_2948
Img_2964
聞いてみると、今回初参加のバイクがエンジン不調で動かず、時間がかかったとのことです。
結局は、救助を待って近くのバイク屋へ搬送してもらったそうです。
その後、自宅に戻ったとのことでした。
今回は初参加のメンバーも多く、遠くからは名古屋、豊橋そして富山からの参加です。
また、今回は嬢さんとタンデムのメンバーさんも来てました。
お嬢さんとタンデムできるなんて羨ましい限りです。
そのうちきっとお嬢さんもバイクの免許を取って、参加できるようになるといいですね!
Img_3021
今回はまだ合流しない富山のメンバーを含めて16台の17名の参加です。
Img_2940
あいにく富士山は頭を雲の上にちょっぴりと出すだけでしたが、山中湖から河口湖を回って、「道の駅 鳴沢」に向かいました。
途中、富士五湖有料道路はそんなには渋滞もしておらず、スムーズに河口湖ICにつきました。
河口湖ICから鳴沢に向かう途中で、富山からのメンバーが合流しました。
Img_3009
道の駅 鳴沢」は混雑しており、食堂も満員でした。
とりあえず、屋台で購入したもので昼食代わりです。
500円以上買うとくじ引きがあり、豪華なお土産がもらえました。
お土産をわざわざ買う必要もないほどでした。
道の駅での昼食を済ませ「鳴沢氷穴」の見学です。
やはりここも混雑しており、見学路も渋滞でした。
Img_2968Img_2983
Img_2971
穴の中は摂氏0度ということで、Tシャツ1枚では大変に寒かったです。
氷穴を見学の後、本栖湖に向かいました。
今回のツーリングはここで解散となりました。
2日間、暑いほどのお天気に恵まれ、次回のツーリングで再会を約し夫々帰途につきました。
Img_3028_3Img_3019
Img_3015_2
関東組は河口湖ICから中央高速に入りました。
大月からは案の定、八王子まで大渋滞です。
でもそこはバイクなのでセンターライン突破でスイスイです。
途中、談合坂SAでがっちりと夕飯を済ませ、再度帰路につきました。
9時過ぎには無事に我が家に着きました。
二日間の走行距離は231マイル(376km)でした。
次回は紅葉の季節に「上州三山-赤城山、榛名山、妙義山」を回ります。

« ソブリン420レストア日記① 「レストア開始」 | トップページ | ソブリン420レストア日記② 「エンジン始動」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ソブリン420レストア日記① 「レストア開始」 | トップページ | ソブリン420レストア日記② 「エンジン始動」 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ